小瀬古文庫 > GRAPHIC-FILTER

GRAPHIC-FILTER

擬態デザインの機能「視点の転換」をツール化し、その機能についてリサーチする

概要

擬態デザインの実験成果をベースに、既存の風景の新たな見え方の開発と手法のリサーチと、デザイントイの開発を行っています。視点の変え方を体験することで、新たな認識や発想を促すことを探求しています。

背景

生物の擬態を着想とするグラフィックの実験「gitai-graphy」を通して、様々な物の新たな見え方をヴィジュアライズしてきました。その経験を生かし、あらゆる素材を惑星に擬態させるデザイントイ「惑星発見器」を開発しました。美術の専門性が無くても、誰もが物の見え方をデザインし、体験することが可能になりました。

物事を認知する枠組みを変えるリフレーミング(cognitive reframing)という技術がありますが、この素材の擬態がもたらす見え方の変化をヴィジュアル・リフレーミング(Visual Reframing)と名付けました。この擬態からどのような解釈が生まれ、思考を提起するのかを記録するリサーチプロジェクトVisual Reframing Researchをここに開始します。

デザイン・ワークショップのご依頼はこちらから
https://koseko.stores.jp/inquiry

開発したデザイントイ

  • 惑星発見器

    惑星発見器

    惑星発見器は、あらゆる素材を惑星化するデザイントイ。身近な素材に惑星発見器を当て、中央のレンズを覗くとその表面…

    詳細