PROFILE

KOSEKO DESIGN&PRESSは、小瀬古智之と小瀬古やふぁによるデザインユニットです。
書籍デザインを中心にリサーチとアートブックの発行を通じて、
新たな視点を探求する実験室として機能しています。
関西を拠点に、東アジア全域で活動しています。

Tomoyuki koseko|小瀬古智之(左)

武蔵野美術大学大学院でヴィジュアルコミュニケーションデザインを専攻。Exapieco inc.での書籍デザインを経て、2021年に独立。2016年、「デザインによる視覚のハッキング」をテーマに小瀬古文庫を設立。生物の擬態から着想を得た新たな視覚表現と体験を探求しています。

Yafa Koseko|小瀬古やふぁ(右)

中国出身。武蔵野美術大学大学院デザイン専攻修了。ベビー用品メーカー、家電メーカー、ブランディングデザイン事務所での経験を経て、デザインとイラストレーションの関係性を探究。2024年から小瀬古文庫のデザイナー兼イラストレーターとして活動。画風にとらわれないイラストレーター像を探るプロジェクト「illustration index」を進行中。

BIOGRAPHY

2012 武蔵野美術大学 大学院デザイン専攻 修了
2016 出版レーベル・小瀬古文庫を設立
2019 台北で二人展「Fictional Landscape」(田園城市生活風格書店)
2020 UNKNOWN ASIA 審査員EricZhu賞
2021 独立
2022 深圳で個展「早餐的天文学」を開催
2023 KG+入選「半架空の知覚法」
2024 小瀬古やふぁが加入。二人体制となる


BUSINESS

紙やWebに留まらず、地域・素材・空間などの視覚環境全般をメディアとして捉えています。
視覚環境は人々の眼に届く視覚情報の総体を指し、そのデザインや配置が認識や行動に大きな影響を与えます。
これを踏まえ、デザイン・リサーチ・出版を横断する活動を展開し、社会の視覚の拡張に寄与しています。

プロジェクトはデザイン・リサーチ・出版を横断し、多岐に渡ります

DESIGN|デザイン事業

アートブック・ロゴ・名刺・書籍など、紙ものを中心にデザインを請け負っています。長く愛される美しさ、読みやすさ、そして遊び心を品質と捉え、大切にしています。予算と規模に応じた建設的なプランを提案させていただいています。

書籍・冊子のデザイン
ロゴ・メインビジュアルのデザイン 
グラフィックデザイン全般

関連リンク:
>DESIGN

RESEARCH|リサーチ事業

知覚とデザインをテーマに、心理学・哲学・記号論に着想を得て、実験ベースのデザインプロジェクトを行っています。直近のシリーズ「Semi-Ficiton」では、惑星写真を画像加工によって食品に擬態させ、太陽系惑星に対する味覚の想像を促すグラフィック表現を発表しています。

・視覚環境に関するリサーチ(表現・地域・素材)
・作品の制作・販売
・展示・ワークショップの開催

関連リンク:
>RESEARCH PROJECT

ART BOOK|出版事業

各プロジェクトの成果物を知覚とデザインにまつわるZINEレーベル「小瀬古文庫」としてZINEを発行しています。表現の研究や書籍デザインの経験から、高品質かつ新たな視点を読み手にもたらす本づくりを心がけています。デジタル印刷x独立出版の形態を取り、小規模出版から生まれる新たな可能性を探求しています。アートブックフェア・書店・ギャラリーを通して、新たな視点の流通を目指しています。

・アートブックの発行
・独立書店向け卸売
・アートブックフェアでの展示・販売

関連リンク:
>ARTBOOK


CONTACT

知覚とデザインにまつわるKOSEKO DESIGN&PRESSの事業。
デザイン・出版物の取引・展示ワークショップなど、お問い合わせは下記フォームをご参照ください。