816号室

支援者支援プロジェクト「816号室」/ロゴデザイン

支援者支援を行う活動「816号室」のロゴデザインを手掛けました。書体とそのディテールから、自然と人々が集まるような、リラックスできる場であることを表現しています。

ベース書体は幾何図形のような形が特徴のCenturyGothic。その骨格に柔肌を肉付けするイメージで、シンプルな図形の中に温かなニュアンスを取り入れました。

20世紀的合理性が産んだ歪みが可視化され噴出する21世紀。エッジを立てるのではなく、丸みを与える。調和を生み出すことはその重要な課題の一つかもしれません。
角にわずかに丸みをつけました。幾何学的でしっかりとした形の中に柔らかさを演出
1の上端の横棒も短く調整し、トゲトゲしさを緩和しました
3つの数字の中で8階を意味し、結びの形でもある8をシンボルにしました
名刺のデザインも行いました。8の字のシンボルと変化のあるレイアウトが印象的
リソグラフで印刷。鮮やかなクリーム色や、インクのかすれの味が特徴的です

See also