擬態デザイン研究室

ここ最近は、鍵の形を使って、大都市を描くと言うプロジェクトを進めています。似ているようなそうでないような、ちょっと不思議なモチーフです。 このアイデア自体は5年前くらいに路地の電柱の先がアンティークな鍵の先に似ていると思…

現在製作中の次のアートブックは、鍵を上下逆にして作り出す都市の遠景の風景画です。 鍵の先端の見え方と遠くの高層ビルのそれが似ている所に着目し、鍵を風景画に見立てて構成しています。 鍵は広く知られたセキュリティツールである…

フィンランドサーロインは、擬態する世界地図シリーズを作るきっかけとなった作品だ。フィンランドの地図を眺めていた時に無数の湖が霜降りとなって見えたので、地図を赤く塗ってラベルとトレーを描き足したところ、思った以上にリアリテ…